幸多き年となることをご祈念申し上げます

代表理事組合長 髙はし堅治

 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。本年中はひとかたならぬご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

 2018年は、JA自己改革の3年目として「東京農業の振興を踏まえた農業者の所得増大」「地域貢献活動による都民理解の醸成」「組合員と共に歩む組織づくり」「JA自己改革の実践を支える経営基盤の強化」の4項目を実践し、地元農畜産物の生産・販売の拡大や都市農地が持つ多面的な機能を発揮できる様々な施策を進めました。ファーマーズ・マーケットを充実させるだけでなく、JAからスーパーへの出荷や学校給食などへの農畜産物供給にも力を入れています。

 JA東京むさしは、これからも『農』を基にした地域づくりに貢献するために、生産者と協力・連携して地域の皆さまに安全・安心な農畜産物をお届けできるよう、都市農業の維持・発展に努めてまいります。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

2018年12月吉日 JA東京むさし 役職員一同