若手農家の親子が友好JAの田んぼで田植え体験!

友好JAのJA小松市(石川県)で、親子で田植え体験交流会を行い、若手農業者の親子15人が参加しました。

参加者の多くが初めての田植えで、田植えのコツを教えてもらい、交流しながら日本の主食であるお米作りを体験しました。

子ども達は泥に足を取られながらも、とても楽しそうに田植えをしていました。
植えた稲は8月に収穫を予定しています。

田植え後には、JA小松市女性部から地元特産品「加賀まるいも」を使ったお好み焼きの作り方を教わりました。

小松1

小松2