映画「母と暮せば」に三鷹市の野菜が登場!/三鷹市 

東京むさし・日付なし・A映画「母と暮せば」に三鷹産野菜を提供DSCN5848 - コピー

 松竹120周年記念映画「母と暮せば」の劇中に登場する畑のシーンで、三鷹市の農家 岡田源治さんの野菜が使われました。

 主演の吉永小百合さん演じる女性の住まい近くの畑という設定で、撮影スタジオに再現された畑に、岡田さんの畑でとれたトウモロコシやエダマメなどを移植しました。

 岡田さんは「昔からの大ファンである吉永さんの映画に、三鷹市産の野菜を使ってもらえてうれしい」と笑顔で話しました。

 「母と暮せば」は今年12月12日(土)公開予定です。