営農指導・営農支援事業

営農指導

 安全・安心な農畜産物と、環境にやさしい農業を目指して、さまざまな取組みを行っています。

営農指導 営農指導

項目 内容
トレーサビリティー いつごろ植えて、どのような肥料や農薬を使ったのかなど、生産過程の詳細を記入するのが「トレーサビリティー(生産履歴記帳)」です。
安心できる農作物であることを示す、いわば農産物の「履歴書」です。
残留農薬検査 行政や関係機関等と連携し、農産物や土壌の検査を行っています。
環境保全農地で使ったビニール等の農業廃資材や、有効期限切れの農薬等を、定期的に回収しています。回収したこれらの資材は、専門の業者によって、環境を害することなく安全に処理されます。
資源循環型
農業
給食で出る生ゴミなどから作った、質の良い有機肥料を使って、野菜を栽培。再び給食で出た生ごみを利用する「資源循環型農業」に取り組んでいます。
「生産」―「消費」―「資源化」を繰り返す、環境にもやさしい農業です。
災害協定 地震などの災害時に農地を緊急避難場所としたり、野菜等を食糧として提供したりすることなどを取り決めた「災害協定」を、管内の三鷹・小平・国分寺・小金井・武蔵野の各市と締結しました。農地や農産物が市民の皆さまの安全を守ります。

営農支援事業

営農支援事業 営農支援事業

 営農支援事業は、高齢や労働力不足等により、営農が困難な組合員に対し、JAが農作業の一部を受託し、農業経営の継続を支援するとともに農地を保全することを目的としています。営農支援係が農作業をお手伝いいたします。

ご利用いただける方

次の項目のいずれにも該当した場合に限ります。

  • JA東京むさしの組合員、又は同一の世帯に属する方
  • 高齢・病気・怪我・その他の理由で営農が困難となった方
  • 将来にわたり営農を継続する意思のある方

料金

基本料金
半日6,000円/人
1日10,000円/人
農業機械使用料金(JA所有の農業機械を使用する場合)

使用時間に関わらず、1日につき

トラクター5,000円/台
管理機3,000円/台
ハンマーナイフモアー3,000円/台
刈払機2,000円/台

※別途消費税がかかります。
※組合員の皆さまがお持ちの農業機械を使用する場合は、基本料金のみで承ります。
※農業機械を使用する場合は、作業員の安全確保の観点から原則2人以上で1組とさせていただきます。
※基本料金の「半日」は4時間未満、「1日」は4時間以上7時間15分までとします。
※農業機械使用料金は、半日又は1日の使用時間に限らず1回とします。

詳しくは下記へお問い合わせください。

三鷹支店 指導経済課 電話:(0422)46-2152
小平支店 指導経済課 電話:(042)348-7244
国分寺支店 指導経済課 電話:(042)324-2116
小金井支店 指導経済課 電話:(042)385-3281
武蔵野支店 指導経済課 電話:(0422)54-7150